保育&教職ピアノ・音楽スキルアップ集中4回講座

pianoroom諦めるのはまだ早い!今からでも改善できる、「ピアノ伴奏」「歌指導」

養成校の学生さん・保育士試験に挑戦する方ばかりでなく、現場の保育士・幼稚園教諭、また小学校教員の方も音楽活用で苦労されている話を伺います。

こんなことで、困っていませんか?お手伝いいたします。

「すでに前期で音楽1の単位を落としてしまった・・・」

「2学期の保育参観は絶対弾いてもらうと主任に言われて退職したくなるほど悩んでいます」

「低学年の担任になって鍵盤ハーモニカの指導で困っている」

「音楽専科のいない学校へ異動になってしまった」

他にも、ピアノ演奏や歌、音楽指導などでお困りの方、ご相談ください。

「できない」理由をさぐり、「できるようになる」ヒントを提示します!

学生の方の場合は本来、学校でなんとかしてから現場に出ていただきたいのですが、レッスン時間が短い・グループだから聞きづらい・課題をこなすだけで精一杯ということもあります。すでに現場に出ている場合、スキルアップの必要性を感じていても業務に追われてしまっているのではないでしょうか。

講座では、なぜできないのかできるようにするためにどうすればいいかということを一緒に探っていきましょう。
また、忙しい現職の方のために練習時間や練習方法の提案もします。

【集中講座の内容】

1)事前30~60分の「ヒアリング・カウンセリング面談」で、現在の受講者様の力や課題について一緒に考えていきます。現在お悩みのことがありましたら、まずここでご相談ください。

<事前ヒアリングで行うこと>

ピアノ演奏・弾き歌い、歌唱、授業指導で困っていることや、できるようになりたいことを伺います。

学生は学校の課題・試験曲・実習曲を。採用対策希望の方は課題曲や自由選択曲を。現職の方はできるだけ「弾かなければならないが、うまく弾けなくて困っている曲」「行事曲など難易度が高いもの」

を弾いていただきます。

「上手に弾く」必要は全くありません

「できない部分を知りたい」からです。

2)受講開始。1回60分、4回の集中レッスンです。レッスン日は先生と相談をしてください。

3)レッスン内容は「課題曲の弾き歌い」「童謡のネタ作り2~3曲」「コードづけの基本」「うたの基本(歌唱指導の注意点)」などです。また、各自治体の試験内容に即して、ピアノ実技と歌の対策をする場合もあります。試験課題曲が「自由曲」の場合も対応します。(学生の必須課題などにも対応)

曲以外に歌の悩み、音楽理論の演習(試験対策)なども承ります。

現職の方は、園独自の曲や行事の曲などご希望に合わせて指導します。また、本来今の時点でできていたほうが良いことも(少し辛口になるかもしれませんが)お伝えします。教職の方には、音楽ボランティア経験のある講師からお伝えする「授業で使える音楽ネタ」などもお伝えできます。

4)メンタルケアもばっちり。試験で不安になっている方、自信が持てない方ご相談ください。

入会金 3000円(登録料・資料代など)

受講料 20000円

講座終了後、継続してレッスンを希望される方は、「保育&教職ピアノ・音楽サポートレッスンコース」への編入となります。この場合の入会金はいただきません。

受講者の方が、「あま市職員採用試験(保育職)」合格、正規職員として採用されました!!

一次の通過発表から二次試験(実技)まで時間が短く、まだピアノが自宅にない中、弾きづらい・歌いづらい曲が課題曲だったため苦労されましたが、無事合格されました。

IMG_1767

受講Q&A

Q:ピアノを触ったこともないですが受かりますか/男性ですが受け入れ可能ですか。

A:各年度の課題曲により、弾きやすさが変わります。弾いたことがない方の場合、正直4回でも難しい曲もありますが、できるだけお手伝いさせていただきます。練習など私からの要望をきちんと守ってください。

真剣に合格したい方・採用されたい方・現場で頑張りたい方であることをお伝えください。これは性別に関係ありません。

Q:今別の仕事をしており残業も多いので、4回こられるかどうかわかりません。少ない回数でなんとかなりませんか。

A:4回という回数は、集中講座での最低ラインです。本来ピアノ伴奏・歌の指導には継続したレッスンをお願いするところを、この回数で最低限のことをするプログラムとなっています。転職希望の方にとっては、現在の業務との調整で難しい部分があることを承知でお願いしています。教員採用試験は楽なものではありません。

Q.現職教員です。残業などが入り、4回集中は日程的に厳しいです。1回でなんとかなりませんか。

実技教科は1回のレッスンだけでなんとかなるものではないことを、現場の方であれば実感されているかと思います。夏休みに集中的に受講されるなど、工夫をしていただきたいです。小学校の先生が一番、音楽指導スキルが低くレベルアップが必要と感じます。

Q:乳幼児の子どもがいます。同伴可能でしょうか。預けるのが難しいですが・・・。

A:集中して受講したい場合は、預けていただいたほうがよいかもしれません。お子様を連れてきていただくこと自体は構いませんが、受講者の方がお子さんの様子が気になって集中できないことも考えられますので・・・。

また、保育士として勤務を考えていらっしゃる方は、ご自身のお子さんが「待機児童」になってしまうと採用していただけません。職業訓練であることをご家族の方にもご理解いただき、協力していただけるようお願いしてください。(午前中のレッスンに来ていただけるようでしたらお時間をお取りします)

ファミリー・サポートセンターのご利用も可能です。

あまっ子・はるっ子ふぁみさぽセンター

(当教室が賛助会員となっているNPO法人ママ・ぷらす様が運営しています)

Q:自宅にピアノやキーボードなど練習する楽器がありません。練習もさせてもらえますか。

A:集中講座の中では練習時間は取れませんのでご了承ください。

何もない方はとりあえずキーボードなどでも構いません。また練習室のご案内もしますので利用などもご検討ください。

Q:受講するかどうか迷っています。カウンセリングだけでも受けられますか。

A:事前カウンセリングのみの場合は60分2500円で受講できます。受講方法のご相談もどうぞ。

Q:集中講座だけでは足りないと感じ、追加レッスンを希望する場合はどうすればよいですか。

A:補充をしたい方は、単発レッスンを追加していただけます。60分あたり2500円(30分1250円)となります。

Q.集中講座は採用試験対策だけですか?学生で単位を落としそうで困っていますが、家庭の事情で普段はバイトをしているので毎週通えません。

せっかく入学したのにアルバイトで練習がおろそかになってしまっているのかもしれませんね。学生の方の試験対策も可能です。緊急の場合は、アドバイスレッスンをオススメします。
また、金額が負担になる方には単発レッスン金額で夏休み・冬休みなどに集中して受講していただくという方法もあります。

こちらも、事前カウンセリングでご相談くださいね。

Q.受講したいのですが保育士という仕事上早番・遅番があり決まった時間にはこられません。対応していただけるでしょうか。

時間については、教室の空き時間を利用しますので同じ時間でなくても大丈夫です。保育士の方は行事準備が少ない7月/8月の受講をおすすめしています。また、集中講座が日程的に難しい場合は、単発レッスンのご利用もご検討ください。

Q.小学校教員です。音楽はどちらかというと苦手でピアノ伴奏もほとんど弾けません。苦手なのに専科の先生が移動されてしまい、音楽授業をしなければならなくなりました。毎週は来られないので短期集中でなんとかなりませんか。甘いですか。

先生もうすうす気づいていらっしゃるように、今真剣に問題解決をしなければならない時に来ているようです。簡易伴奏もおそらく、かなり苦労されていると思います。先生が苦手意識を持っていると児童に伝わってしまいます。集中講座ではコアの部分のみとなるので、月2を目標に、3~5年くらいのレッスン受講をしていく必要があります。専科のいる学校へ移動しても、総合学習などで音楽を活用する場で役立ちます。

お申し込みこちらから!

お名前 (必須/学生の方は保護者名も明記)

ご住所(必須)

メールアドレス (必ず連絡の取れるもの必須)

お電話番号 (学生の方は保護者の番号)必ず連絡が取れるもの必須

職業等

 大学生 短大生 専門学校生 通信 保育士 幼稚園教諭 教員 育休中・再就職希望

学校名(学生の方)

レッスン希望時間帯(第三希望まで)

ピアノや歌で悩んでいること・ご相談したいこと